プチ速読が向かない人はいるのか

プチ速読が向かない人はいるのか

老若男女誰でも効果があると思うプチ速読ですが、それでも万が一効果がない人がいるのかもしれません。

それではそういう人はどんな人物なのか説明していきたいと思います。

プチ速読公式ホームページ

プチ速読に向いている人は多い

向いている人のほうが多いプチ速読でどんな人が向いていないかと思いました。もしあてはまっているとしても、当てはまっている箇所をなおしてプチ速読をやればしっかりと成果は出るはずです。

では実際のところどんな人が向いていないのかそこを見ていきましょう。

素直に実践しない人

これは当たり前のことですがこれをやったら出来るようになるというのにやらなくて出来ないと言われたら困りますよね?

例えば、美味しい料理を作りたいと始めたのに包丁の使い方もわからなかったらまずは食材の切り方から教えますよね?その状態なのに何も練習もしないで料理が出来ないと言っているようなものです。

なのでしっかりと出来ると言われたことをしっかりと出来る人が条件となるかもしれません。仮にやったとしても自分なりのアレンジをして実践してしまったり、最初から効果が期待できないとして実践しなかったり、素直に実践しないケースがありますね。

素直に実践できない人は何事をおいても出来ないままでしょう。

途中で辞めてしまう人

繰り返しになりますが、トレーニング自体はそんなに難しくはないです。しかし簡単だからと言っても、継続するのは最低限の根気が必要です。

自分の想定と違っていて投げ出してしまったりすると出来ないのが当たり前になってしまいます。それなのである程度習慣化するまでやったほうがいいでしょう。

あまりにもすぐに驚異的な結果を求めてしまうと別のことにするのはよくないですね。

そもそも読書が嫌いな人

これを言ったら元も子もないことなのですが、読書が嫌いなら速読を覚える必要性もないですからね。

嫌いなことを無理にやらせるのが逆に気の毒なケースもあります。もしも速読をしている最中に本が好きになることはあるかもしれませんが、苦手なことを無理にさせることはないでしょう。

向いていない人でも大丈夫

これらにもし仮に当てはまっていたとしてもなおせば何も問題ありませんし、自分の特徴を注意してしっかりとプチ速読をやればしっかりと結果はできています。

もし向いていないと思っても諦めずできれば確実に速読は手に入ります。それまでちょっとだけ頑張ってみるのもいいかもしれませんね。

プチ速読公式ホームページ
TOPページを見る